あいさつじゃんけん

あいさつじゃんけん

あいさつをした後にじゃんけんをします。じゃんけんが終わったら他の人を探して、同じようにじゃんけんをします。より多くじゃんけんに勝った人が優勝です。挨拶ジャンケン、おはようじゃんけん。

あいさつじゃんけんの遊び方

あいさつじゃんけんの遊び方

リーダーを1人決めます。

他の人は子になります。

タイマーを見せるリーダーのイラスト

ゲームの時間を60秒と決めます。

リーダーは時間を計ります。

ゲームスタート

挨拶をする子どものイラスト

子はじゃんけんをする相手を探します。

相手を見つけたらあいさつをします。

自己紹介をする子どものイラスト

お互い自分の名前を名乗ります。

じゃんけんをする子どものイラスト

名前を名乗った後に、じゃんけんをします。

じゃんけんに勝った人は、勝った回数を覚えておきます。

さようならと言う子どものイラスト

相手と別れて、他の人とじゃんけんをします。

このように違う相手とじゃんけんを繰り返します。

リーダーは60秒経ったらゲームを終了します。

リーダーはじゃんけんに何回勝ったかを子に聞きます。

1番多く勝った子が優勝です。

コツとポイント

相手を探す時に走るとぶつかることがあるので、走ってはいけないと伝えておくといいです。

あいさつをした後に握手をしてもいいです。

名前を言った後に「好きなものを1つ言うという」追加ルールを加えてもいいです。

遊びの変化

勝った回数ではなく、時間内に何人とじゃんけんしたかを競ってみる。

3回勝ったらリーダー(ラスボス)とじゃんけんをして、リーダーに勝ったらゲームクリアというルールにしてみる。

じゃんけんの遊び方

じゃんけんとは?グー、チョキ、パーの3種類の手の形で勝敗を決める遊びです。順番を決める時や、鬼ごっこの鬼を...

トップへ戻る