60秒ギリギリタイム

60秒ギリギリタイム
心の中で数を数えて、ピタリと60秒を当てるゲームです。60秒ジャストタイム、1分ストップウオッチ止め。English page : 60 Seconds

用意するもの

タイマーや時計。

60秒ギリギリタイムの遊び方

タイマーをセットするリーダーのイラスト
キッチンタイマーを用意します。

リーダーは60秒をセットします。

ゲームをスタートするリーダーのイラスト
リーダーは合図を出すのと同時に、タイマーのスタートボタンを押します。

子は心の中で秒数を数えます。

60秒だと思い手をあげる子どものイラスト
子は60秒だと思ったところで「はい!」と言って手を挙げます。

60秒経ったのでタイマーが鳴る
60秒経ってタイマーの「ピピピ」という音が鳴ります。

60秒に一番近かった子が優勝です。

コツとポイント

60秒を過ぎてしまった子は、その時点で負けにするというルールにしてもいいです。

キッチンタイマーがない時は、時計を見たり、スマホのタイマーを使うといいです。

関連ページ

大人数で遊ぶレクリエーションゲーム
フルーツバスケット、椅子取りゲーム、いつどこで誰が何をしたゲームなど、大人数で遊べる子ども向けのレクリエーションゲームを60種類まとめました。学校の体育館などで遊べる体を使ったゲーム、教室で遊べる頭を使った遊ったゲーム。小学生の低学年から中学生ぐらいの子どもが楽しめる遊びです。イラストと写真を使って遊び方やルールを紹介しています。室内遊び、アイスブレイク、クラスレク、学級レク、集団遊びなどとも呼ばれています。
室内レクリエーションゲームまとめ
お楽しみ会や学級会、地域のイベントや子ども会の時に、みんなで楽しく遊べるパーティーゲーム。室内で遊べるレクリエーションゲームをまとめました。

コメント

  1. 匿名 より:

    楽しいそう!

  2. 匿名 より:

    wo!

  3. ハッピー大好き より:

    おもしろいの?

  4. ハッピー大好き より:

    楽しいの?

  5. あなまはまな より:

    おもしろいですね

  6. (。¯∀¯。)ニヒ♪ より:

    10秒は早すぎだとおもう。

  7. えりりん より:

    60秒って長くないですか?
    たとえば
    時間を短くして、
    10秒とかにしてみるのはどうでしょう?

  8. M.Kurumi より:

    みんなで遊んでみようと思うんですが、小さい子どももいるので簡単でかつ、少しルールを変えたやり方はないですか?

タイトルとURLをコピーしました