ウシガエルの釣り方

食用ガエルの獲り方、牛蛙の釣り方。

この遊びは埼玉県の上尾丸山公園にて、ウシガエル釣りの名人、通称「カエルおじさん」に教えてもらいました。

ウシガエルってけっこう可愛い顔をしています。

スポンサーリンク

ウシガエルの釣り方

名人のウシガエル釣りの道具です。

2~3メートルの竹竿に同じ長さのタコ糸。

網は、洗濯ネットを改良した物を使っています。

普通の魚をすくう網だと、ウシガエルがジャンプして逃げてしまいます。

網に深さがないとダメなんですね。

餌はアメリカザリガニを使います。

甲羅の真ん中あたりの足と足の間にタコ糸を結びます。

シッポと甲羅の間を糸で結ぶと、ウシガエルが釣れた時に、ザリガニの体がちぎれて、糸が外れてしまいます。

ウシガエルは水辺の葦(あし)などが、たくさ生えているような場所に隠れています。ここからは、名人の技をご覧ください。

オスは「ヴーヴーヴー」と鳴くので見つけやすいです。

ウシガエルがいそうな場所で、ザリガニを上下させ「チャプチャプ」と水面に波紋を作ります。

しばらくすると水中を「スー」と黒い影が、近づいて来ました。

「バシャ」っと、餌のザリガニに食いつきました。

この時点では、まだ食い付きがあまいです。

ザリガニのシッポやハサミが口からはみ出ています。

ここであわてて竿を上げると、ウシガエルはザリガニを吐き出してしまいます。

少し様子を見ていると…。

ザリガニをしっかり飲み込んだようです。

上に持ち上げながら、網ですくい上げます。

名人特製の網からは、いくらジャンプしても逃げられません。

スポンサーリンク

ザリガニをしっかり飲み込んでいると、殻が口に引っかかるので、釣り針は使いません。

ご年配の方々に話を聞くと、「俺らが子供の頃は、よく食べたよ~」と言ってました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    カエルのルアーに襲いかかってきて針に掛かった

トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索