バランス崩しゲーム

バランス崩しゲーム
手を繋いで輪になります。隣の子の手を引いたり緩めたりしてバランスを崩します。足が動いたら負けになるゲームです。自分の体勢を保ちつつ、相手のバランスを崩す遊びです。バランスゲーム、アンバランスゲーム。

バランス崩しゲームの遊び方

手を繋いで輪になる子どものイラスト
内側を向いて輪になります。

両隣の子と手を繋ぎます。

手を繋いでジャンプする子どものイラスト
手をつないだまま「せーの!ぴょん、ぴょん、パッ!」と言いながら、タイミングを合わせて時計回りに3回ジャンプします。

手を引っ張る子どものイラスト
全員が着地したらゲームスタート。

隣の子の手を引っ張ったり、緩めたりして、相手のバランスを崩します。

バランスを崩して足が動く子どものイラスト
その場から足が動いた子は負けです。

輪から抜けます。

残った子で同じようにして遊びます。

最後まで残った子が勝ちになります。

コツとポイント

足を閉じた状態で遊ぶと、足の踏ん張りが効かなり、ゲームの難易度が上がります。

ジャンプをせずに、手を繋いだ状態からバランス崩しゲームをスタートしてもいいです。

足が動く子どものイラスト
最後の2人になったら、引き相撲で勝負を決めてもいいです。

体を使った子どもの「すもう遊び」 12種類まとめ
手押し相撲、尻相撲、引き相撲など、いろいろな種類の相撲遊びやゲームを集めました。幼児や小学生の子どもが体を使って遊ぶ運動遊びです。すもう遊びは自分の姿勢を保ちながら、相手の体を押したり、引いたりする力を使います。体のバランスをとったり、相手との駆け引きも必要な遊びです。

遊びの変化

チーム対抗バランス崩しゲーム・・・2チームに分かれてチーム対抗戦で遊ぶ方法です。白帽をかぶって2チームに分かれます。紅白になるように手を繋いで輪になります。ゲームスタート。手を引いてバランスを崩して遊びます。10秒経ったらゲームをストップします。足が動かなかった子が多かったチームの勝ちです。

関連ページ

子どもの少人数レクリエーションゲーム
連想ゲーム、記憶力お絵かきゲームなど少人数で遊べる子ども向けのレクリエーションゲーム。お菓子釣り、ペットボトルボーリングのようなお祭りやイベントの手作りゲーム。教室の休み時間に遊べる頭を使った遊ったゲームなど50種類まとめました。
室内レクリエーションゲームまとめ
お楽しみ会や学級会、地域のイベントや子ども会の時に、みんなで楽しく遊べるパーティーゲーム。室内で遊べるレクリエーションゲームをまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました