いつもこちらを見ているオバケの作り方

いつもこちらを見ているオバケの作り方
トイレットペーパーの芯を使って、こちらをじっと見ているオバケのおもちゃを作ります。オバケの目が動いているように見えます。トイレットペーパーの芯と牛乳パックの2種類の素材による作り方を紹介します。A ghost with moving eyes.

左を見るオバケたち

作り方を動画で観る

YouTubeで作り方と動いてもいる様子をご覧下さい。

用意するもの

用意するもの
トイレットペーパーの芯、ハサミ、油性マジック。

目が動くオバケの作り方

トイレットペーパーの芯をつぶす
トイレットペーパーの芯を軽くつぶします。

オバケのイラスト
トイレットペーパーの芯にオバケの絵を描きます。

目に穴を空ける
目の部分を折ってハサミで切り込みを入れます。

目のふちを切る
切り込みからハサミの先を入れて目の部分を切り抜きます。

穴が空いた
オバケの目の部分に穴が空きました。

黒目を描く
空いた目の穴から、トイレットペーパーの芯の内側にオバケの黒目の部分を描きます。

上から見たところ

オバケの完成
目が動くオバケの完成です。

目が動くオバケの遊び方

左を見るオバケ
オバケのおもちゃを傾けて横から見たり、上から見たり、下から見ます。オバケはずっとこちらを見ています。

今度はオバケのおもちゃを置いて自分が動いてみます。オバケはずっとこちらを見ています。

右を見るオバケ

上を見るオバケ

下を見るオバケ

スポンサーリンク

コツとポイント

黒猫
目の穴を2つ空けて2つ目にしてもいいです。


人の顔や動物を作ることも出来ます。

色をぬってもいいです。

ひもで吊るされるオバケ
ヒモを付けてオバケを吊るしてもいいです。

風でオバケが回っても、オバケの目はこちらを見ています。

スポンサーリンク

遊びのアレンジ・牛乳パックで作ってみる

目玉が動くモンスターカードの作り方
素材を変えて、牛乳パックで作る目が動くモンスターカードの作り方を紹介します。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方02
牛乳パックを切り開いて側面を半分に切ります。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方04
半分に切った紙の白い面に、ひとつ目のモンスターの絵を描きます。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方07
ハサミで目の部分を切り抜きます。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方08
もう一枚の紙を重ね合わせます。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方09
目玉が中心にくるように、後ろの紙に黒目を塗ります。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方10
目玉が右はじを見るように後ろの紙をずらします。

左はじをホッチキスで止めます。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方11
目玉が正面を見るように後ろの紙をずらします。

右はじをホッチキスで止めます。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方17
前の紙と後ろの紙の間は、5mmから8mmにします。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方14
目が動くモンスターの完成です。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方13
モンスターを動かして目玉の動きを確認します。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方18
モンスターは、カラフルに色マジックで描いても良いです。

牛乳パックで作る目が動くカードの作り方19
目の数を増やしてみてもいいです。

まとめ

このおもちゃはお菓子の空き箱のような四角い箱でも作ることが出来ます。
手前に絵を描いて穴を開け、穴の奥に目の瞳を描きます。
手前と奥の二重構造になっている物なら、いろいろな素材で作ることが出来ます。

コメント

  1. まどりん より:

    天才だよ

タイトルとURLをコピーしました