靴隠し

隠した片方のクツを鬼が探す遊びです。くつかくし、草履隠し、ゲタ隠し。

クツ隠しの遊び方

遊び方とルール

クツを隠す範囲を決めます。

じゃんけんなどをして「鬼」を決めます。

鬼以外は「子」になります。

ゲームスタート。

数を数える鬼

鬼は目を隠して「10」数えます。

靴隠しのルール

子は、鬼がゆっくりと10まで数えている間に、自分のクツを片方だけ、どこかに隠します。

靴を探す子供

鬼は、10まで数え終えたら、目を開けて、子が隠したクツを探します。

子は、鬼がクツを探している姿を眺めています。

クツ隠しのイラスト

全員の子のクツを見つけることが出来たら、鬼の勝ちです。

一番初めにクツを見つけられた子が、次の鬼になって同じように遊びます。

サブルール

鬼が10まで数えた後に、準備の確認をしてからゲームを始めてもいいです。

鬼は、10まで数えた後に「もういいーかい?」と聞きます。

子は、靴を隠し終えていたら「もういいよー」と答えます。

まだ準備が出来ていなかったら「まーだだよ」と答えてクツを隠します。

スポンサーリンク

コツとポイント

鬼がクツを見つからない時には「ヒント」を出してあげるといいです。

クツに近づいたら拍手を大きくして、離れたら拍手を小さくしてもいいです。

鬼決めの歌

みんなのクツを並べて、数え歌をうたいながら鬼を決める場合があります。

「靴隠し ちゅうれんぼー♪
橋の下のネズミが
草履をくわえてちゅっちゅくちゅ
ちゅっちゅくまんじゅう誰が食た
誰も食わない わしが食た
表の看板 三味線屋
裏からまわって三軒目
いーち、にーい、さーん」

と歌いながら指をさして数えます。

当たったクツの子が鬼になります。

トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索