ストローのクジラの潮吹きの作り方

ストローのクジラの潮吹きの作り方

ストローに息を吹くとクジラの潮吹きに乗った球が浮き上がります。ボールを浮かすおもちゃ、吹き上げパイプ。

動画で作るところをご覧下さい。

球が浮き上がる

クジラが潮を吹き上げているように見えます。

用意するもの

道具と素材

牛乳パック、ストロー、アルミホイル、油性ペン、ハサミ、セロハンテープ。

クジラの潮吹きの作り方

ストローを切る

折り曲がるストローの短い方の先に、4カ所切り込みを入れます。

切り込みを開く

切り込みを開いて折り曲げます。

付け根を押しつぶす

付け根を指で押してクセを付けます。

形を整える

開いたものを戻して形を整えます。

後ほど作るアルミホイルの球をこの上に乗せます。

クジラの絵

牛乳パックの白い面に、クジラのイラストを描きます。

クジラを丸く切る

イラストのクジラを丸く切ります。

セロハンテープで貼り付ける

セロハンテープで、クジラをストローに貼り付けます。

クジラ

クジラが潮を吹いているように見えます。

次に潮吹きに乗せる球を作ります。

アルミホイルを丸める

アルミホイルをちぎって手で丸めます。

銀紙のボール

球はデコボコのないきれいな球体の方が、遊ぶときに安定します。

クジラの潮吹きの完成

これでクジラの潮吹きの完成です。

スポンサーリンク

クジラの潮吹きの遊び方

ストローのクジラの潮吹きの遊び方

開いたストローの上にアルミホイルの球を乗せます。

球が浮き上がる

ストローにゆっくりと息を吹き込むと、球が持ち上がります。

勢いよく吹くと玉が落ちてしまいます。

コツとポイント

球が小さくて軽すぎると、息を吹いた時に勢い良く飛んでいってしまいます。

球が大きすぎると、重くて持ち上がりません。

吹いてみて、球の大きさを調節します。

遊びの変化

他の動物やキャラクターの絵を描いてみる。

色を塗ってみる。

珠の素材を変えてみる。

トップへ戻る