ストローシュルシュルの作り方

ストローシュルシュル作り方

斜めに切ったストローに勢いよく息を吹きこむと、カバのシッポが暴れ回るように動きます。

動いている動画

オスのカバは、シッポでフンを撒き散らしながら匂い付けをして、自分の縄張りを示します。そんな様子を表してみました。

動画で作るところをご覧下さい。

用意するもの

道具と素材

牛乳パック、ストロー、油性ペン、目打ち、ハサミ。

ストローのカバのしっぽの作り方

カバの絵を描く

牛乳パックの白い面に、振り向いているカバの顔と、おしりのイラストを描きます。

丸く切る

イラストのカバを丸く切ります。

お尻の穴

目打ちを使って、ガバのオシリに穴をあけます。

ストローを切る

ストローを回しながら、ハサミで斜めに切っていきます。

斜めの間隔は5㎜ぐらいがよく動きます。

追記:この写真の幅は太すぎました。太い幅のものを動かすには、強く吹く必要があります。

切ったストロー

15cmぐらいの長さを斜めに切り進みます。

お尻の穴にストローをねじ込む

ガバのおしりの穴にストローを差し込みます。

カバのしっぽおもちゃ前

これで完成です。

カバのおもちゃ横

スポンサーリンク

ストローのカバのシッポの遊び方

しっぽを振るカバ

ストローに勢いよく息を吹きこむと「シュルシュル!」という音を出しながら、シッポが動きます。

コツとポイント

牛乳パックではなく厚紙を使ってもいいです。

カバの絵を描かずい、ストローだけで遊んでも、簡単に作れて遊べるおもちゃです。

遊びの変化

ゾウの鼻

ゾウの鼻にしてみる。

他の動物やキャラクターの絵を描いてみる。

色を塗ってみる。

マックのストロー

マクドナルドのストローで作ることも出来ます。

二股ストロー

斜めに太く切ったものを、さらに真ん中を切ると二股のストローを作ることが出来ます。

ハエを付ける

ハエの絵を描いて、ストローの先に付けても面白いです。

けばけば

細長く切った紙の束をストローの先に付けても面白いです。

変化したストローシュルシュルの作り方を動画でご覧下さい。

トップへ戻る