花いちもんめ

花いちもんめの歌を歌って、相手チームの子をじゃんけんで取り合う遊びです。わらべ唄、童謡。花一匁、はないちもんめ。

花いちもんめのルール

スポンサーリンク

花いちもんめの遊び方

花いちもんめの遊び方

2チームに分かれます。

ジャンケンをする子どものイラスト

各チームの代表者が、じゃんけんをします。

手をつなぐ子どものイラスト

各チームは横一列に並んで手を繋ぎます。

相手チームと向かい合います。

ゲームスタート

はないちもんめを遊ぶ子どものイラスト

じゃんけんに勝ったチームから、歌い始めます。

勝ったチームは、歌を歌いながら前に進みます。

相手チームの前で、片足を蹴り上げます。

負けて悔しいはないちもんめを歌う子ども

次に、負けたチームは歌を歌いながら前に進みます。

相手チームの前で、片足を蹴り上げます。

それぞれ、自分のチームが歌う時は3歩前に出て、相手チームが歌う時は3歩後ろに下がります。

花いちもんめの歌を歌いながら、前に出たり、後ろに下がったりを繰り返します。

花いちもんめの歌詞

勝「勝って嬉しい 花いちもんめ」

負「負けて悔しい 花いちもんめ」

勝「となりのおばさん ちょっと来ておくれ」

負「鬼が怖くて 行かれない」

勝「おかまかぶって ちょっと来ておくれ」

負「おかまないから 行かれない」

勝「お布団かぶって ちょっと来ておくれ」

負「お布団やぶれて行かれない」

勝「あの子が欲しい」

負「あの子じゃ分からん」

勝「この子のが欲しい」

負「この子じゃ分からん」

勝「相談しよう」

負「そうしよう」

欲しい子を選ぶ

輪になって相談をする子どものイラスト

歌を歌い終わったら、各チームは集まります。

相手チームの、どの子が欲しいかを相談します。

相談が終わったら「き~まった!」と言って、また列になります。

相手チームの子どもを選ぶ

勝ったチームは欲しい人の名前を呼びます。

勝「〇〇さんが欲しい~」

負けたチームも欲しい相手を選ぶ

負けたチームも欲しい人の名前を呼びます。

負「〇〇君が欲しい~」

選ばれた子がジャンケンをする

名前を呼ばれた2人は前に出て、じゃんけんをします。

相手チームに入る子ども

じゃんけんに負けた子は、相手チームに加わります。

繰り返して遊びます。

一方のチームに誰もいなくなったら、ゲーム終了です。

トップへ戻る