ドライヤーの風でピンポン玉を浮かす

ドライヤーの風でピンポン玉を浮かす手品遊びです。

ドライヤーでピンポン玉を浮かすタイトル

 スポンサーリンク

風の力や、気圧の差を利用した科学遊び。

↑まずはマジックの動画をご覧下さい。

手品の種明かし

ドライヤーを送風または冷風(COOL)にして風を出します。

ドライヤーの口を上向きにして、ピンポン玉を風に乗せます。

空気の流れによって、ピンポン玉は空中でゆらゆらと浮きながら下に落ちません。

ドライヤーを少し斜めに傾けても落ちません。

ドライヤーでピンポン玉を浮かす-c1

このような現象のことを「ベルヌーイの定理」「コアンダ効果」「流線曲率の定理」といいます。

用意する物

ドライヤー、ピンポン球。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。
スポンサーリンク
トップへ戻る