大根抜き(その2)

大根抜き(その2)

鬼は子の足を大根に見立てて引っぱって抜きます。子は仲間と腕を組んで耐えます。カブ抜き、大根引き、ひっぱり鬼。

大根抜きのルールと遊び方

手をつなぐ子ども

地面にみんなが入れる大きさの円を描きます。

体育館で遊ぶ場合は、バスケットボールのゴール下の円を使うといいです。

鬼を一人決めます。

足を引っ張る

子達は円の中で腹ばいになります。

隣の子と手をつないだり、肩を組んで丸い形になります。

大根を抜く

伸ばした足を大根に見立てます。

鬼は大根を抜きます。

足を引っ張って子を円から出します。

鬼が増える

円の外に出た子(引き抜かれた子)も鬼になり、引き抜くのを手伝います。

最後まで残った人が勝ち。

最初に出され子が鬼になってもう一度遊びます。

コツとポイント

子が座って遊ぶルールの「大根抜き」もあります。

鬼は子の足を大根に見立てて引っこ抜きます。子は抜かれないように仲間と腕を組んで耐えます。だいこんぬき、大根引き、ひっぱり鬼。大根抜きの遊び方円を描きます。「鬼」を一人決めます。鬼以外の人は「子」になります。子達は円の中で足...

北海道では壁に背を向けて、一列になって遊ぶ方法がメジャーのようです。

コメント

  1. ぷりちぃ より:

    参考になりました。
    本当にありがとうございました。

トップへ戻る