棒消しゲーム

棒消しゲームを遊ぶ子どものイラストピラミッド状に描かれた棒を順番に消していき、最後の1本を消した子が負けになる2人対戦ゲームです。紙とペンを使って遊びます。ぼうけしゲーム、棒引きゲーム、七五三ゲーム。

用意するもの

紙とペン。

棒の消し方4つのルール

縦棒の消し方には4つのルールがあります。

棒消しゲームのルール
①好きな場所の棒を消すことが出来ます。

好きな本数だけ棒を消す
②好きな本数だけ棒を消すことが出来ます。1本だけ消してもいいし、2本以上まとめて消してもいいです。

棒は横に線を引いて消す
③棒は横に線を引いて消します。段を横断して斜めには消せません。

すでに消してある棒は消す
④すでに消してある棒は消せません。

スポンサーリンク

棒消しゲームの遊び方

棒けしゲームの線を描く
紙に棒(縦線)を描きます。

棒の数は上から1本、2本、3本、4本、5本とピラミッド状の段になるように描きます。

棒を消す先行の子どものイラスト
先行と後攻を決めるためにじゃんけんをします。

じゃんけんに勝った子から先行でゲームをスタートします。

先行の子は縦の棒に「横線」を引いて消します。

線を引いたら交代します。

棒を消す後攻の子どものイラスト
後攻の子も同じように縦の棒に線を引いて消します。


交互に線を引いていき、縦の棒を減らしていきます。

勝敗の決め方

最後の棒を消す子どものイラスト
交互に線を引き棒を消していきます。

最後の1本の棒を消した子が負けになります。

スポンサーリンク

遊びのアレンジ

棒消しゲーム6段
棒の段の数を5段から、6段や7段に増やして遊んでもいいです。

関連ページ

子どもの少人数レクリエーションゲーム
連想ゲーム、記憶力お絵かきゲームなど少人数で遊べる子ども向けのレクリエーションゲーム。お菓子釣り、ペットボトルボーリングのようなお祭りやイベントの手作りゲーム。教室の休み時間に遊べる頭を使った遊ったゲームなど50種類まとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました