トイレットペーパーの芯のにょろにょろヘビの作り方

トイレットペーパーの芯のにょろにょろヘビの作り方
トイレットペーパーの芯を材料にして、ヘビの手作りおもちゃの作ります。

黄色いシマヘビの手作りおもちゃ
ヘビのしっぽを手で持って傾けるとクネクネと動く手作りおもちゃです。

動画で作り方を観る

用意するもの

工作の材料
トイレットペーパーの芯、カラーテープ、OPP透明テープ、ハサミ、カラーペン。

にょろにょろヘビの作り方

トイレットペーパーの芯の片側をつぶす
トイレットペーパーの芯の片側をつぶします。

テープを貼る
つぶしたトイレットペーパーの芯にOPPテープを貼って口を閉じます。

口を閉じたトイレットペーパーの芯
このようなパーツが出来ます。

同じパーツを2つ作る
同じパーツをもう1つ作ります。

このパーツはヘビの頭とシッポのパーツになります。

トイレットペーパーの芯の両端をつぶす
トイレットペーパーの芯の両端を手で軽くつぶします。

真ん中辺りはつぶさずに、ふくらみをもたせておきます。

テープを貼る
つぶしたトイレットペーパーの芯にOPPテープを貼って口を閉じます。

反対側の口も閉じる
反対側の口も同じようにテープで閉じます。

平たいパーツ
このような平たいパーツが出来ます。

このパーツはヘビの胴体部分になります。

3つの胴体パーツ
同じようにして胴体パーツをあと2つ作ります。

ヘビを作るパーツ
ヘビの頭のパーツ、しっぽのパーツ、胴体のパーツをこのようにしてつなげていきます。

oppテープを貼る
パーツにOPPテープを貼ります。

パーツとパーツの間を空ける
パーツとパーツの間に隙間を空けてつなげていきます。

置いたときに3㎜ぐらいの隙間を空けて貼ります。

この隙間がないと関節が上手く動きません。

反対側にもテープを貼る
ひっくり返して反対側にもテープを貼ります。

テープを貼るとパーツとパーツの間の隙間が、2㎜ぐらいに狭まることがありますが問題ありません。


他のパーツも同じようにテープでつなげていきます。

ヘビの原型
このようになります。

胴体のパーツを膨らませる
胴体のパーツの端を親指と人差し指でつぶしてふくらませます。

ふくらませたあと
このような形になります。

胴体が膨らんだ状態
他の2つの胴体パーツも同じようにつぶしてふくらませます。

ヘビを手にもつ
ヘビの端を持って動かしてみます。

この状態ではまだヘビの頭としっぽの位置が決まっていません。

端を持ち換えたり、ひっくり返して一番動きのいい持ち方を探します。

ヘビの頭
一番動きの良い持ち方が分かったら、持ち手とは反対側の端をヘビの頭にします。

頭になるトイレットペーパーの芯をつぶします。

丸く切る
ハサミで丸く切ってヘビの頭にします。

ヘビの目を描く
マジックでヘビの目を描きます。

ヘビの舌を作る
先ほど切り落としたパーツを使ってヘビの舌を作ります。

赤いマジックで色を塗ります。

ヘビの舌
ハサミでヘビの舌の形に切ります。

舌を口の中に貼り付ける
舌のパーツを口の中にテープで貼り付けます。

ヘビのしっぽ
ヘビの頭とは反対側の端を、内側につぶしてヘビのしっぽを作ります。

OPPテープを貼る
OPPテープを貼ります。

この方が子どもも持ちやすいです。

トイレットペーパーの芯の蛇の完成
トイレットペーパーの芯のヘビの完成です。

しっぽを手で持つ
ヘビのしっぽを手で持って左右に傾けます。

とにょろにょろとヘビのように動きます。

コツとポイント

工作のアレンジ
カラーのビニールテープなどを貼ってシマヘビにしてもいいです。

シマヘビの完成
黄色いシマヘビの完成です。

いろいろなヘビの見本
好きな色のテープを貼ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました