しゃがみ相撲

しゃがみ相撲
しゃがんだまま相手の手の平を押し合って相撲をします。足が動いた子が負けになります。座り相撲(すわりすもう)。

しゃがみ相撲の遊び方

しゃがみ相撲の遊び方
しゃがんで向き合います。

手の平を前に出します。

手で相手を押す子どものイラスト
行司の合図で相撲を始めます。

相手の手の平を押し合って相撲をします。

手の平以外は押してはいけません。

相手を倒す
足が動いたり、お尻をついたり、手をついた人の負けです。

コツとポイント

後ろに倒れてもいいようにマットの上で遊ぶといいです。

関連ページ

少人数レクリエーションゲーム一覧
連想ゲーム、記憶力お絵かきゲームなど少人数で遊べる子ども向けのレクリエーションゲーム。お菓子釣り、ペットボトルボーリングのようなお祭りやイベントの手作りゲーム。教室の休み時間に遊べる頭を使った遊ったゲームなど50種類まとめました。
体を使った子どもの「すもう遊び」 17種類まとめ
手押し相撲、尻相撲、引き相撲など、いろいろな種類の相撲遊びやゲームを集めました。幼児や小学生の子どもが体を使って遊ぶ運動遊びです。すもう遊びは自分の姿勢を保ちながら、相手の体を押したり、引いたりする力を使います。体のバランスをとったり、相手との駆け引きも必要な遊びです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました