ロープまわし

ロープまわし

回転するロープや大縄跳びの縄をジャンプで飛びこす遊びです。長縄回し、ロープ回し、おおなわクルクル。

ロープまわしの遊び方

ロープや大縄跳びの長縄を用意します。

回し手が中心になり、コンパスのようにその場でロープを回します。

ロープは地面を擦りながら低く回します。

子どもはロープに当たらないように、その場でジャンプをして避けます。

ロープに当たったら負けです。

ゲームから抜けます。

回す人と役割を交代しても良いです。

コツとポイント

大縄跳びの長縄は、持つ所が硬いので当たると痛いので、ロープで遊ぶ方がいいです。

関連ページ

縄跳びの縄やロープを使った「縄遊び 」11種類まとめ
ロープまわし、縄跳びのヘビのにょろにょろ、ロープ歩きなど、縄跳び用の短縄や長縄を使った運動遊びを集めました。公園や校庭で大人と子どもが一緒に遊ぶことが出来ます。縄跳びは、縄を跳ぶタイミングを合わせあり、瞬発力を使ってジャンプするといった運動を多くします。

コメント

  1. うえむらはるか(しょうがくせい) より:

    三人組
    三人で肩をくんで、
    動物だあれ?
    という。ひとりがどうぶつ
    のマネをしてヒントを言い合う
    答えがあってたら、
    1ポイントクリア!!

タイトルとURLをコピーしました