お金将棋

将棋の駒をお金の代わりにして遊びます。四枚の金将を振って出た金額を相手からもらいます。2人以上で遊べます。ガッチャン将棋。

お金将棋

スポンサーリンク

お金将棋の遊び方

お金将棋の遊び方

将棋崩し」をして、持ち駒を分けます。

山になった将棋の駒を人差し指で音が鳴らないように取る遊びです。 動画をご覧下さい。 ...

もしくは、同じ金額になるように駒を分けます。

お金将棋の駒の金額

お金将棋の駒の値段

駒により金額が決まっています。
歩兵 1円
香車 5円
桂馬 10円
銀将 30円
角行 50円
飛車 80円
王将 100円

お金将棋の遊び方

お金将棋の遊び方

手持ちの駒の中から金将を出します。

ジャンケンをして勝った人から始めます。

右回りの順番で金将を振ります。

okane-_syougi02

四枚の金将を手の中で振ってかき混ぜます。

okane-_syougi03

将棋盤の上に4枚の金将を振り落とします。

okane-_syougi04

出た駒の合計金額を全員から貰います。

振った駒の金額

okane-_syougi06

表が1枚出たら1円。

okane-_syougi07

裏が出たら0円。

okane-_syougi08

横に立ったら5円。

okane-_syougi09

縦に立ったら10円。

okane-_syougi15

全部表になったら50円。

okane-_syougi14

全部裏になったら100円 。

okane-_syougi10

逆さまに立ったら1000円。

okane-_syougi11

駒が将棋盤から落ちたら「しょんべん」と言います。

何ももらえずに次の人に順番が移ります。

okane-_syougi12

駒が重なった場合は「くそ」と言います。

出た合計金額は次に駒を振った人がもらえます。

続けて、しょんべんとくそが出た場合には、その次の人がもらいます。

okane-_syougi16

↑上の写真の場合。立った駒が1枚で10円、表の駒が2枚で2円、裏が0枚で0円、合計12円を全員からもらいます。

okane-_syougi05

お金をもらったら、右回りで次の人に順番が移ります。

同じように「駒を振って→お金を受け取る→次の人」を繰り返して遊びます。

勝敗の決め方

払えるお金がなくなった場合は、持っているお金を全部相手に渡してゲームから抜けます。

残った人でゲームを続けます。

最後まで残った人が勝ちです。

コツとポイント

駒の数が足りない時は、自分達で駒の代わりになる物を作るといいです。

ローカルルール

駒の金額や遊び方は地域によって違います。

あなたの知っているローカルルールがありましたら、コメント欄で教えてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索