縄跳びのヘビにょろにょろ

大縄跳びの縄を左右に振ってニョロニョロさせます。その縄を踏まないように飛び越える遊びです。

にょろにょろ蛇遊び

ルールと遊び方

大縄跳びの縄やロープの端を持って、左右に素早く振ります。

縄がうねって、ヘビのようにニョロニョロとします(横ヘビ)。

子どもはヘビを踏まないように飛び越えて遊びます。

「踏んだらヘビに食べられる」という設定にしても良いです。

遊びの発展

縦に縄を振っても良いです(縦ヘビ)。

小さい子が飛びこすのは難しいです。

腕をクルクルと回すと、輪が進んでいるように見えて面白い動きをします。

コツとポイント

縄が暴れて遊びづらい時は、反対側を誰かに押さえてもらうと良いです。

反対側をどこかに結んでも良いです。

飛びこすのではなく、足で踏んでヘビを捕まえるという遊びにしても良いです。

大縄の持つ所は硬いので当たると痛いので、ロープを使って遊んでも良いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。
スポンサーリンク
トップへ戻る