走り縄跳び

走り縄跳び

ゴム跳びのように助走をつけて走り、長縄に引っかからないように跳び越えます。はしりなわとび。

走り縄跳びの遊び方

長縄の持ち手を決めます。

持ち手は長縄の端を、柵などの低い位置に結び付けます。もう片方の端を手で持ちます。

遊ぶ人は助走を付けて走ります。

ジャンプして長縄を跳び越えます。

コツとポイント

持ち手は長縄の持ち手を軽く持ちます。遊ぶ人が長縄に引っ掛かった時は長縄から手を離します。

少しずつ縄の高さを低くしていきます。

遊びの変化

ゴム段用のゴムひもを使って遊んでもいいです。

関連ページ

縄跳びの縄やロープを使った「縄遊び 」11種類まとめ
ロープまわし、縄跳びのヘビのにょろにょろ、ロープ歩きなど、縄跳び用の短縄や長縄を使った運動遊びを集めました。公園や校庭で大人と子どもが一緒に遊ぶことが出来ます。縄跳びは、縄を跳ぶタイミングを合わせあり、瞬発力を使ってジャンプするといった運動を多くします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました