電気のヒモでボクシング

蛍光灯から垂れ下がっている証明のヒモでシャドーボクシングをします。

電気のひもでボクシング

部屋の蛍光灯のヒモの先に付いた、手に持つ部分をパンチして、シャドーボクシングをします。

打って戻って来た所をよけます。

最近は電気のヒモがない家庭もあるので、この遊びを遊んだ事がない子どもも多いかもしれません。

この遊びやったことある?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。
スポンサーリンク
トップへ戻る