うん、血が出たの。

うんちがでた

文章を切る所で意味が変わってしまう「言葉遊び」です。

ストーリーになっています

「金太、まぁどうしたの?」
「うん、血が出たの」
「病院には行ったの?」
「うん、国際病院に行ったの」

文章を切る所によって2つの意味があり、ストーリーが変わります。

「うん、血が出たの」
→「ウンチが出たの」

「うん、国際病院に行ったの」
→「ウンコ臭い病院に行ったの」

日常での使い方

転んで膝を擦りむいた時に「うん、ちがでたの」と言ってふざけます。

トイレに行ってウンチが出た時に「うん、ちがでたの」と言ってふざけます。

どちらも2つの意味があるので聞いた方は可笑しくなります。

他にもある「うん、○○」

うん、血まみれになったの
うん、小鳥屋さん
うん、国際空港
うん、国際バスに乗るよ
うん、コケたの(蹴ったの)
などがあります。

オリジナルのストーリーを作ったり、日常でワンフレーズとして使って遊びます。

切るところで意味が変わるHな言葉

ビーチクリーン運動
近藤ムカつく

コメント

  1. 名も無し より:

    自分とこの地域では「どんな病院だった?」「うん、血まみれだった」て続きがあった

  2. 毛呂山町社会福士 より:

    やばいw

  3. 花森月水 より:

    おもしろかった

  4. 僕は、だれ? より:

    面白い!!

トップへ戻る