ヒューヒュードングリの作り方

ヒモをつけたドングリを回してヒューヒューと音を出します。ヒューヒュー団栗、びゅんびゅんどんぐり、ドングリの笛。


1、糸を付けたドングリを回して音を出すおもちゃの作り方です。


2、用意する物は、ドングリ、つまようじ、タコ糸、ハサミです。


3、まずは、ドングリに穴を開けます。
穴の開け方は「ドングリの笛」と同じですので、そちらを見て下さい。


4、ドングリに穴を開けたら、中に入れるつっかえ棒を作ります。

つまようじをドングリの大きさより、少し小さめの長さに切ります。


5、つまようじがなければ、落ちている小枝でもいいです。


6、タコ糸を結びつけます。


7、こぶ結びを2回しておくと、回した時に抜けません。
糸の先は、ハサミで切り落とします。


8、このつっかえ棒をドングリの中に入れます。


9、つまようじのお尻で、押し込みます。つっかえ棒が入らないときは、ハサミで短く切ります。
つっかえ棒が短すぎると、回したときに抜けちゃいますので、ピタッとはまる長さに調整。


10、これで完成。


11、ひと指し指に糸を2回巻きつけて、思いっきり回します。


12、回すと「ヒューヒュー」と音が鳴ります。
音が鳴らないときは、ドングリのほじくり方が、足りないのかもしれません。


殻の弱いドングリは、側面に穴を開けてほじくっていると、割れることがあります。

殻が弱いドングリの時は、固い部分にキリで穴を開けて、ハサミで回すように穴を広げると、綺麗な穴が開きます。

ドングリを使った遊び
ドングリのコマの作り方
ドングリ人形の作り方
ドングリの笛
ドングリのヤジロベー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。「すべての子どもたちが豊かに遊べる環境をつくる」活動をしています。フォローをして仲間になって下さい。
スポンサーリンク
トップへ戻る