白線歩き

白線の上を落ちないように歩く遊びです。平均台歩き。

白線歩きの遊び方

白線歩き

道に描いてある白線の上を歩くというルールの遊びです。

平均台の上でバランスをとるように歩きます。

白線から落ちたら負けです。

一人で歩いている時に、ふと「白線の上を歩く」という自分だけのルールを思いついて遊ぶこともあります。

白線を歩く遊び

白線の上を歩きながら、いろいろなことを想像をして遊びます。

「ここは崖っ淵で、足を踏み外せば谷底に落ちる」とか。

「崖の下の谷底にはワニがいて、落ちたら食べられる」とか。

「落ちたら底なし沼で抜け出せない」とか。

想像の中で遊びます。

車が行き交う道路で遊ぶのは危険です。遊びに夢中になり過ぎないようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索